若者が大注目するシェアハウスでの生活

最近東京ではシェアハウスが大流行。関東だけでもすでに物件数は2万を超える数になっていますが、それでもまだまだ東京都内のシェアハウスは足りない状況。ドラマに出て来るような素敵でオシャレな物件、しかも東京の真ん中で格安で暮らせるとなれば、人気が出るのは当然でしょう。女性専用のキレイな物件があり、国際交流豊かな物件あり、クリエイター限定あり、いまや若者に大注目の暮らし方なのです。

ルームシェアとはなにが違うのか

一つの住居を複数人で分けて暮らすという方法は、シェアハウスではなくルームシェアとして昔からあるスタイルですよね。確かにシェアハウスも複数人が同じ空間をシェアして暮らしています。お風呂やキッチンは共有、リビングやトイレも共通というところもありますが、何が共有かは各物件ごとにバラバラ。共有スペースに置かれている冷蔵庫やテレビ、洗濯機などの家電も共有で、洗剤やトイレ用品などの備品も共有というところも多いです。住人がお金を出し合って買い物をするケースもあれば、管理会社が用意するケースもあります。ルームシェアとの一番の違いはこの管理・運営事業者の存在で、個人と運営事業者との個別契約になるのが大きな差と言えます。ルームシェアの場合一緒に住もうと決めた人たちが代表者と同居人として不動産屋と契約するわけですが、シェアハウスはあくまでも個別なのですね。


縁だけで結ばれる新しい出会いを求めて

シェアハウスの大きな魅力として挙げられるのが、そこに住まなければ出会えなかったであろう人たちと住空間を共有するという経験です。出身地もバラバラ、職業もバラバラ、もちろん年齢もバラバラの人たちが集まり、コミュニティを形成します。特に東京は地方出身者も多いですし、海外から来日している人も多いです。多国籍な環境で、仕事や学校では絶対に出会うことの無い人たちと交流を持てるのはすごいことですよね。

東京でこの家賃は破格に安いと言えるメリット

そして、なんと言っても素晴らしい立地に破格の値段で住めるという素敵なメリットがあります。一人ではほぼ無理な家賃でも、みんなで分ければ楽々生活出来てしまうのは数の有利ですよね。家電も自分で買わなくていいですし、住環境も設備も完璧。新築の物件もあればデザイナーズマンションもあって、とてもキレイなマンションに格安で住むことが出来ます。家に引く通信費も分け合うか定額になるので、一人暮らしより圧倒的に安く暮らせるシェアハウス。これで人気が出ないわけはありませんよね。中にはコンシェルジュがついていたり、ジムやスパがついていたりする物件もあります。競争率が上がっているので、サービスもハイレベルになる一方。これから東京で暮らす予定の人は、ぜひ一度チェックしてみては。